あなたに教えたい「節約しすぎるのは、キケン」だということを

スポンサーリンク
お金
この記事は約7分で読めます。

「節約するのは、とてもいいことじゃない」

「節約するのが、できない人も多い中、節約をするのはきけんってなに」

と思ったのではないでしょうか。

私がなぜ、節約が危険と感じたか、この著者の書籍からです。

風呂内 亜矢さんがかかれた「その節約はキケンです」書籍があります。

風呂内 亜矢さんは、1級ファイナンシャル・プランニング技能士CFP®認定者、宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー、全国銀行協会 金融経済教育活動懇談会委員であり、

多数のメディアにもご出演されている方です。

その著書の中で、私がこれはと思うものを、3つ、選びました。

ご参考にしていただけたら、幸いです。

節約しすぎるのは危険3選

自炊にこだわるのはキケン

欲しいものを我慢はキケン

節約するより稼げばいいはキケン

自炊にこだわるのはキケン

私も自炊してから、体調がよくなり、仕事もはかどるようになり、

10万円から5万円(私、パートナー、息子)に節約となりました。

しかし、デメリットは忘れてはいけません。

共働きで自炊を毎回行うと、とても疲れてしまいます。

時々、外食やコンビニ弁当で済ませないと、ストレスが溜まり、

このストレスが無駄なものを買う衝動に向かってしまいます

さらなるデメリットもあり、年収の高いは、気を付けろと著者は答えてます。

「時給判断によって、自分の行動判断することが大切」

と語っています。

年収が高い人は、時給が高く、家事をアウトソーシングした方が、無駄がないのです。

【タスカジ】あなたにぴったりのハウスキーパーを探そう

ワイシャツのクリーニングであっても、自分で行うと、1着で15分程度かかってしまいます。

しかし、近くのクリーニングまで持っていくことも、時間がかかってしまいます。

現在は、宅配クリーニングがあり、Yシャツ1着を300円以下で行えます。

子育てママに大人気!無料で家まで届けてくれる宅配クリーニング「リネット」

そのように時給判断で行うと、本当の節約になり、

時間の節約で、その節約した時間が、

会社の勉強、日頃の疲労回復時間として、英気養うことができるのでは、ないでしょうか。

欲しいものを我慢はキケン

さまざまな欲しいものを我慢して、反動で、高いものを購入してり、高いものを食べてしまいますよね。

「でも、我慢すること以外で方法はあるの」

とあなたは思ったんじゃないでしょうか。

著者は語っています。

それは、「ラテ・マネー」という言葉です。

『自動的に大金持ちになる方法-オートマチック・ミリオネア』(白夜書房)著者アメリカの資産コンサルタント、デヴィッド・バック氏が定義した言葉です。

ラテ・マネーとは、意識せずにつかって「自分にとって実は重要ではないお金」のことを表現しています。

必要性を感じていないにもかかわらず、習慣だからと毎朝買っている「カフェラテのようなもの」という、たとえからきていていますと著者は語っています。

同書には、ラテ・マネーを排除することなどで、たくさんの資産を保有する夫婦のエピソードが紹介されています。

日常からただ我慢するというのではなく、

日常生活からラテ・マネーを徹底的に排除し、

少額でも大金でも、「自分が価値を感じないものに対しては、お金を払わない」

というのが非常に重要な指針』と著者は語っています。

私は、ラテ・マネーを実践していました。

ラテ・マネーから価値のあるものへの実例をお伝えします。

〇服は、安価でなく、テンションが上がり、何年も着れる服を購入。

→頻繁に購入から、1年に2回に

〇自販機で飲み物を買わず、2リットルのペットボトルに変更。

→毎月4000円から1000円に➡年間36000円の節約。

〇コンビニ弁当をやめて、自宅から弁当持参。

→毎月9600円から毎日4800円に。➡年間57,600円の節約。

と我慢ではなく、「自分が価値を感じないものに対しては、お金を払わない」の指針があれば、節約は上手くいきます。

節約するより稼げばいいはキケン

著者は、「お金との付き合い方が上手な人は、節約にたいしても前向きな人が多いです。」と語っています。

稼ぐことが節約より大切と考えるのは、安易な考え方です。

収入-支出=貯蓄

であるためです。

財産(貯蓄)の増加は、

①収入をふやす

②支出を減らす

③資産運用の成績を改善する

の3つの方法しかありません。

資産形成において、節約は軽く扱えない大切な要素なのです。

私が書いた記事の中に、①収入を増やす、②支出を減らす、③資産運用の成績を改善するに関する記事があります。

まとめ

まとめですが、

自炊にこだわるのはキケン

時給判断で時給換算で、アウトソーシングをした方がいいものを活用すると、有効な時間が増えることになる。

欲しいものを我慢はキケン

ラテ・マネーの無意識に、使用しているお金がないか見直しする。

少額でも大金でも、「自分が価値を感じないものに対しては、お金を払わない」というのが非常に重要な指針を持つこと。

節約するより稼げばいいはキケン

節約=支出であることから、収入と同じくらい大切。収入、支出、資産運用でバランスよく、行うべき。

最後に

節約しすぎることはキケンをお話ししました。

節約は大切でありますが、必ずしも全てを節約する必要はありません。

この著書のように、節約するが、しすぎない節約を心がけることで、失敗は避けられるでしょう。

節約は価値のないものを削り、心の余裕までも削らないようにしましょう。

今日もありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました