あなたの知り合いに伝えてほしい『おひとりさま』の老後対策

スポンサーリンク
お金
この記事は約5分で読めます。

介護施設の費用はいくらかかるのか

厚労省の平成28年の『介護サービス施設・事業所調査の概況』があり、下記のような金額でした。

出典:厚労省 『介護サービス施設・事業所調査の概況』https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/service16/dl/gaikyo.pdf

介護老人福祉施設が 75,855円、介護老人保健施設が 86,594 円、介護療養型医療施設が 92,983 円であり、政府の統計では、上記のみであったため、民間のサイトから金額を算出します。

この3つのサイト(みんなの介護、LIFULL介護、探しっくす)は、
みんなの介護→一時入金:10万円、月額利用料:13.7万円
LIFULL介護→入居時費用:20万円、月額費用(入居時費用あり):16.2万円
探しっくす→入居一時金:0円〜数百万、月額料金:平均15〜20万円
出典:みんなの介護 https://www.minnanokaigo.com/guide/cost/  LIFULL介護 https://kaigo.homes.co.jp/market_price/ 
探しっくす https://www.sagasix.jp/column/care/kaigo-money/

最近は、0円の入居時費用も数が増えてきているそうですが、入居時費用はあるものと考えておくと、費用で慌てることはないかと思います。

この中で、LIFULL介護が金額が比較的に高いため、こちらを採用します。

では、施設を利用し始めるのは、いくつからでしょうか。

厚労省 『平成28年介護サービス施設・事業所調査の概況』から、80歳から急増しています。

出典:厚労省 平成28年介護サービス施設・事業所調査の概況 https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/service16/dl/gaikyo.pdf

そのため、80歳から入居、100歳までとし、費用と計算します。

入居費:20万円
月額費用:16.2万円×12か月×20年間=3,880万円

60歳から79歳まで働いて稼いだ1231万0560円だけでは、相当足りません。

それをふまえつつ、次に葬儀の費用はいくらかかるのでしょうか。

葬儀にいくらかかるか

自分の葬式代以外に、遺品整理代行業者の代金費用を考えておくべきでしょう。

遺品整理代行業者の代金費用を想定しておくと、親族や兄弟へ迷惑をかけずにすみます。

具体的に葬式代にいくらでしょうか。

近年は、葬儀代については年々下がっており、13万円あれば足りる相場となりつつあります。

よりそうのお葬式は直葬プランの場合ですと税別11.3万円~という非常に良心的な価格設定NHKで取り上げられた葬儀社です。

現在は様々な葬儀社があり、この値段で行うことができます。

【CM放映中】 明朗会計・家族葬なら、よりそうお葬式
よりそうお葬式は、ご家族・ご親族でゆっくりとお見送りができる家族葬をセットプランでご提供いたします。家族葬は27万円(税込29.7万円)からご要望に合わせてご案内。さらに、お坊さんのお手配も可能です。お葬式に関わるご相談はこちらへ

そして遺品整理として業者にお願いするならば、1Kの部屋ならば2万~だそうです。
部屋を25㎡にし、生前整理しておけば、1kの2万程度に抑えることが可能でしょう。

遺品整理のことなら【ライフリセット】

そうすると、葬儀代13万円+遺品整理2万=15万の貯金が必要です。

おひとりさまの必要な貯金額

全ての老後に起こりうることは、想定出来たと思いますので、必要金額がいくらなのか、まとめます。

60歳から100歳の年金だけでは足らない分→➖1300万円

持ち家を持たないため、60歳から100歳まで、6,199,680円→➕620万円
(12,916円×12か月×40年=619万9680≒620万円)
出典:総務省 家計調査年報(家計収支編)2019年(令和元年)II 総世帯及び単身世帯の家計収支https://www.stat.go.jp/data/kakei/2019np/gaikyo/pdf/gk02.pdf

60歳から79歳まで、都内で暮らし、住居費が毎月5万円の場合→➖1200万円

60歳から79歳まで働き、毎月8万円として、想定した貯金額→➕1920万円

80歳から100歳まで老人ホームに入居し、入居費:20万円、月額費用:16.2万円の場合→➖3,880万円

葬儀代13万円+遺品整理2万→➖15万円

総額 3855万円は必要となりました(働かずだと5775万円)。

これは、60歳から79歳まで働いているため、この金額に抑えられています。

また、80歳から老人ホームに入ることを想定しましたが、90歳から入るとなると、もっと金額は抑えられます。

最初の結論の通り、貯金も行うが、80歳まで働き、個人の努力で健康寿命をのばすことを行うことが、おひとりさまは特に重要ではないでしょうか。

では、貯金はどうすればたまっていくのか。

貯金への結論は、固定費、保険の見直し、副業で貯金が可能です。

たつぞうが、いままでに書きました記事を下記に貼っておりますで、ご確認いただけたら、幸いです。

固定費→【初心者向け】お金の節約のために固定費を見直そう
保険の見直し→今からでも間に合う医療保険・生命保険の見直しでお金を節約しよう
副業→ワンオペ育児は当たり前じゃない!ワンオペ育児を解決する1つの方法

この内容が、皆様に届き、今から、生活費を見直したり、健康寿命へのため、食生活・習慣等が変わることを願って、この記事を終わらせていただきます。

今日もありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました